<< もうすぐ終わる塾なのに・・ | main | 困ったなぁ・・その後 >>
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
| - | - | -
write夏恋 
困ったなぁ・・
 

夕方6時過ぎごろ息子の担任の先生から電話があり
「○○くんの様子はどうですか?」
って聞かれて、
息子はまだ帰ってきてないし、何のことだかさっぱりわからず???

「どうかしたのですか?」と訊ねたら

「今日6校時目に書き物をしていて、左手で持っていたシャーペンが何かの拍子で右手にあたり、シャーペンの芯が右手の薬指の爪の間に刺さってしまったようなんです。」

私「へ?・・・」

「右手を隠してましてね、何?どうしたんだ?って聞いたら何も言わないんですよ。そしたら友達が、あ、それはね、シャーペンの芯が刺さったんだよって教えてくれて。どうやら刺さったときに自分で抜いてたようなんですけど、途中で折れてしまったようで中に残ってしまったみたいなんです。保健の先生に診てもらったんですけど、保健の先生も抜けないようで、とりあえずばい菌が入らないように包帯をしておきました。念のため病院で診てもらった方がよいかと思いまして」

と、こういう訳でありました。

「わかりました。帰ってきたらよく診てみて病院に行ってみます。ありがとうございました」
と電話は切りました。

まだ帰ってきてないっていうことは部活はやってるんだよね、大した事はないのかな?
とりあえず帰ってきたら指を見てみないとなって思ってた私です。

電話を切った15分後くらいに息子は帰ってきました。
いつもと変わらぬ様子で。


「先生から電話あったよ」
「あ〜〜・・」
「部活してきたの?」
「あ〜・・見学」
「どこ?」と聞いたら薬指に包帯を巻いた指をみせてくれました。

「とりあえず病院に行こうか?」と言ったら

「嫌だよ!絶対爪剥がされるし!」
「保健の先生は様子見てって言ったし、爪が伸びるのを待って様子をみるから」と。

「爪剥がされるくらいなら今の痛みを我慢してたほうがましだ!」
だって。

はぁ・・・・。

「とりあえず指を見せてくれない?」にも
「嫌だし!うぜえから嫌だし!」

またまた、はぁ〜・・・・。
私が傷をみて絶対騒ぐと思われてるんだね・・・。

「絶対行かない!意地でも病院へは行かない!」(意地でもってどういうこと?)
って言ってバ〜〜ン!!とドアを閉めながら奥の部屋に行ってしまいました。

これって様子をみてても大丈夫なんでしょうかね?

先生に深さはどれくらいなんですか?って聞いたら3ミリくらいっては言ってたけど。

息子は以前に足の爪を剥がした経験があり、あの時の痛みが記憶にあるのでしょうね〜。
絶対爪を剥がさないと無理だからって自分で言うくらいだから相当くい込んでるのかな?

その後知恵袋とかネットで調べたら、やはり外科か皮膚科で診てもらった方がいいっていう回答が多かったな〜。
早いうちなら爪を少し切開するだけですむけど、化膿してひどくなるとそれどころじゃなくなってしまうなんて回答もあったりして。局部麻酔が痛いなんても書いてあったけどΣ(O_O;)

けっこう爪の間にとげが刺さってしまったという人が多いのにも驚いた。
それに相当に痛いらしいね。

木なんかの場合は腐ってくるしばい菌が入るのでやはり病院で見てもらうべきとか。

う〜〜ん、シャーペンの芯はどうなんだろ〜?






TOPへ
| 継続登校(中1) | comments(4) | trackbacks(0)
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト
TOPへ
| - | - | -
Comment
ふらわぁ :
2011/02/17 2:17 AM
うわっ、痛そうですね。
病院に行きたくないから、痛いって言うわけにもいかず黙って耐えているのかなぁ...

シャーペンの芯が刺さって化膿っていうの、数年前うちの主人が経験しました。
爪の間ではなく爪の近くの横の場所だったんですが。
自分で抜いて抜けたつもりでいたら、だいぶ日数経ってから腫れて痛んできて、残っていたことに気づいたようでした。
病院で診てもらいなよと言っても行かず、しばらく腫れて痛んでいたけど、その後指を押したら血や膿と一緒に芯も出てきたらしいです。
その後は腫れも引いて痛みもなくなりました。
病院へ行こうとしないので、市販の化膿どめの塗り薬を渡したら塗っていました。
芯は、腐ることもなくそのまんまの状態で刺さっていましたね。

病院で診てもらうのが一番安心だけど、息子さんの様子だと難しそうなのかな...
なんとか、良くなってくれるといいのですが...

TOPへ
かのん :
2011/02/17 8:33 AM
うう〜。痛そう!
病院に行きたくないと言う息子君の気持ち、心配な夏恋さんの気持ち、どちらもよくわかります。

うちは夫が鉛筆の芯を子どもの頃に手のひらに刺したそうで、今も残っています。
夫の場合は、しばらく痛かったけれど、腫れてもこなかったそうで、病院には行かなかったそうです。
ただね〜、化膿してくるとホント大変だから、私だったらネットで調べた記事とかで、なるべくおどろおどろしい「化膿してとんでもない目にあった。早めに病院に行っておくべきだった」的なものを子どもに見せるかも…(これって脅しになっちゃうか…汗)。

私は5年くらい前に足の親指にできものができて、腫れて痛んできたのね。
病院に行ったら「よくわからないから、ここを切って組織検査しましょう」って。
運ばれてきた麻酔の注射をまじまじと眺めていたら、茶目っ気のあるドクターなので、にやっとしながら「緊張してますか〜?」。私、「はい〜。できることなら今、気絶したいです〜。」と…。
うん、麻酔ね、痛いのよ〜!!
ただ、切ったり縫ったりしているのは全くわからないし、痛み止めも出してくれるからその後の苦しみは少なかったです。
しばらくは歩くのに苦労して『歩くって、親指にもかなり力がかかるのね〜』なんて再認識しました。
親指をかばって歩くから、左足だけでなく、右足や、背中まで痛くなったりしてね。
ちなみに切った部分からは、固まり状のものが出てきて、血腫だったそうです。

息子君、ひどくならないうちに病院に行く決断してくれるといいね。

TOPへ
夏恋 :
2011/02/19 7:53 AM
ふらわぁさんへ
ふらわぁさん こんにちは(*^ω^*)/

担任の先生から電話をもらった時には、まったく何をやっとんじゃい!て思っちゃいました^^;
傷を見せてもくれないし、「病院へは行かない」の一点張りで困っちゃって、ネットで色々調べてたら爪の間にトゲっていう書き込みは沢山あるんだけど、シャーペンの芯っていうのは無くて〜。
だからふらわぁさんのコメント読ませてもらった時、思わず「いた〜〜!シャーペンの芯ささった人〜〜!」って思っちゃった!ご主人痛い思いをされたのに( ;A´ω`)ゴメンネェェ
やはり化膿してくると腫れも傷みもひどくなるんですね。うまく取れてよかったですね。
うん、やっぱり息子も病院で診てもらった方がいいなって読んでて確信しましたよ。
貴重な体験のお話しをありがとうございました。大変参考になり助かりました(*´▽`*)ノ゛

TOPへ
夏恋 :
2011/02/19 8:37 AM
かのんさんへ
かのんさん(。・o・。)ノ こんにちゎぁ♪

爪を剥がされるとも決まった訳でもないのにさ〜、病院へは行かないの一点張りで、更に酷くなったら困るのにな〜って私も思っちゃって。だけど酷くなって困るのは本人だからこれは本人の問題として放っておくべきか?とも思ったけど、担任の先生からも病院へと言われてたからさ〜、その辺は親の責任かな〜とも思ったり、困っちゃってました^^;

結局、酷くなるともっと大変なことになるから的な事を伝えて病院へ行く事にこぎつけたんですけどね^^;
ご主人は鉛筆の芯が残ったままなんですね(ё_ё)
残ってても大丈夫なんだね?安心した〜。っていうのも、かのんさんのコメで思い出したんだけど、我が家も昔子ども達が小さい頃、娘が息子の背中に尖った鉛筆を刺したことがあったんですよ(故意にですよ^^;)多分、芯は残っていなかったとは思うのだけど、そこんところが今も薄いほくろの様に跡に残ってるんですよ。もしかしたら芯が残ってるのかもなんて思った時もあったけど、かれこれ十数年経って忘れてた^;

うぅ〜、やっぱり麻酔は痛いんだねぇΣ(×_×;)
私も20代の頃腱鞘炎に悩まされてて、ドクターから注射もあるけど相当に痛いって聞かされてて、それは避けてたんだけど、どうにもこうにも治らず最終的には注射して直したの。それがホント物凄く痛くて痛くて泣くほどだったけど、それでスッキリ治ってしまったので、なんでもっと早くにやならかったんだろうと思った経験があります。
その時の痛みを我慢すればね、後は楽になるんだなって。

息子は爪を剥がされる事が物凄く嫌みたいで、切開なら(でも切開ってもどういう事するのか想像つかないけど^^;)って言う事で納得したみたいよ。

TOPへ
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://karen330.jugem.jp/trackback/384
Trackback

Recommended
さよなら不登校―復学サポートブック
さよなら不登校―復学サポートブック (JUGEMレビュー »)
上野 剛
不登校支援グループ エンカレッジの代表の先生が書かれたご本です。
不登校13万人の親にできること!
不登校13万人の親にできること! (JUGEMレビュー »)
藤本 琢
不登校自立支援センター ファーストホームエデュケーションの代表の先生が書かれたご本です。
ころばぬ先の家庭教育―長期不登校になる前に学んでおきたい親の対応法 中学生編
ころばぬ先の家庭教育―長期不登校になる前に学んでおきたい親の対応法 中学生編 (JUGEMレビュー »)
水野 達朗
家庭教育支援グループ ペアレンツキャンプの代表の先生が書かれたご本。中学生編です。
ころばぬ先の家庭教育―きょうからできる家庭力アップ 小学生編
ころばぬ先の家庭教育―きょうからできる家庭力アップ 小学生編 (JUGEMレビュー »)
水野 達朗
家庭教育支援グループ ペアレンツキャンプの代表の先生が書かれたご本です。
自己紹介&つぶやき
時間だょ(・∀・)