<< twitter にハマった? | main | 三者懇談・息子編 >>
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
| - | - | -
write夏恋 
三者懇談・娘編
 
昨日中学校の三者懇談でした。

娘は中三。受験です。
この懇談で最終的な志望校を決めます。

娘は鬼(推薦入試)を受けることを決めてました。
志望校は以前と変わりなし。
すべり止め併願私立は受けない。
鬼が落ちた場合、同じ高校の挟(一般入試)を受ける。

事前に提出する用紙にはそう書いて提出していました。

懇談が始まって、担任の先生はPCを前にして、娘のデータを見せます。
過去5回分の実力テストを基に、志望校での自分の位置レベルの確認ですね。
あちゃちゃちゃちゃ〜〜
折れ線グラフになっているんですけど、ムラがありすぎ
とても安全圏というわけではありません。
教科によっては危険レベル位置の赤棒線の下にあるのもあるし〜

先生もこのムラを心配されてました。

「違う高校でも試してみる?(グラフ図)」と先生聞いてきたけど
「いいです」と娘答えてました。

とりあえず、先生方の中でも話し合った結果、娘の志望通りでいいだろう。ということになったみたいです。
完全に危なければ「変えましょう(志望校を)」と言われるらしいので
とりあえずホッとしました。

後は鬼受験での小論文と面接の説明。
もうすぐある期末テストが終わったら、即小論文の練習に入ると。
ただ、この勉強は課題を出して家庭でやるとの事なので、それに時間をとられるし、かなり忙しくなるでしょうとの事。
毎日毎日、今日はこのお題、はい、次はこれっていう風に作文を書いていかなくてはならないらしい。
少しでも今の成績を上げようとするには、更に勉強をしなくてはならないし、それ+小論文の勉強ですから・・・かなりのエネルギーが要る事は間違いないでしょうね。

娘の決断はいかに

「やるしかないよね、とりあえず学年評定(1年〜3年の通知表の合計平均)をもうちょっと上げるために、期末テストを頑張るよ!」

だそうです。

私はご飯を作る事ぐらいしかできないけど、頑張ってほしいと思います。


続いては息子の三者懇談へ







TOPへ
| 娘のこと | comments(0) | trackbacks(0)
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト
TOPへ
| - | - | -
Comment
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://karen330.jugem.jp/trackback/350
Trackback

Recommended
さよなら不登校―復学サポートブック
さよなら不登校―復学サポートブック (JUGEMレビュー »)
上野 剛
不登校支援グループ エンカレッジの代表の先生が書かれたご本です。
不登校13万人の親にできること!
不登校13万人の親にできること! (JUGEMレビュー »)
藤本 琢
不登校自立支援センター ファーストホームエデュケーションの代表の先生が書かれたご本です。
ころばぬ先の家庭教育―長期不登校になる前に学んでおきたい親の対応法 中学生編
ころばぬ先の家庭教育―長期不登校になる前に学んでおきたい親の対応法 中学生編 (JUGEMレビュー »)
水野 達朗
家庭教育支援グループ ペアレンツキャンプの代表の先生が書かれたご本。中学生編です。
ころばぬ先の家庭教育―きょうからできる家庭力アップ 小学生編
ころばぬ先の家庭教育―きょうからできる家庭力アップ 小学生編 (JUGEMレビュー »)
水野 達朗
家庭教育支援グループ ペアレンツキャンプの代表の先生が書かれたご本です。
自己紹介&つぶやき
時間だょ(・∀・)