<< 制服採寸 | main | シロフォン新調ヽ(^0^)ノ >>
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
| - | - | -
write夏恋 
法事へ


先日の日曜日に実家の祖母の一周忌の法要が営まれました。
祖母が亡くなって1年が経ちました。
ちょうど今日が命日でした。(日付かわってしまったけど・・)

ばあちゃん・・一年早いね、子ども達もこんなに大きくなったよ。
私はちゃんとできてるかな?まだまだ甘いよね・・もっとがんばらなきゃだよね・・
そしてそしてずっと見守っててね・・

お墓の前で家族全員健康に過ごせてることを報告でき手を合わせることができてよかったです。


前々から子ども達には「法事があるからね」と伝えてはあったのですが、
息子は「めんどくせ〜な」「俺にも色々予定があるんだよ〜」とぶつぶつ言ってました。
予定というのもお友達と遊ぶ用事。
ですが、ここは譲れません。

どれほど曾ばあちゃんに小さい頃面倒をみてもらったことか・・
といっても息子は覚えてはいないようですけどね。
小難しいことを言ってもしょうがないので「行きますから」とだけ伝えてました。

我が家の子ども達はばあちゃんち(実家)はあまり好きではありません。なので滅多に行きません。
私自身があまり好きでないので行かないし、連れて行かないので子どもたちもそうなってしまったのかとは思いますが・・。

当日息子はやはり「めんどくせ〜」と言いながらもちゃんと列席しました。

ただ法要後の自宅での会食はしないというので、それは息子の好きでいいかなと思いお墓参り後息子だけ家に帰しました。
さっそくお友達から電話がかかってきて遊ぶ段取りの息子でした


今回今までとちょっと違う反応が。    
それは・・娘です。
どちらかというと今までは娘の方が実家での食事は嫌がってました。たまに姉が帰省したときなど実家での食事に誘われるのだけど、まず娘は「私は行かない」でした。
だから今回も弟も帰るって言うし、娘も帰るって言うのかと思ったら、「食べてくし〜」という意外な反応。息子を家においてもう一度実家にもどると大勢の中でちゃっかりお膳を食べてました。
しかも私の姉とも義姉とも喋ってる〜 隣の知らないおばあさんとも〜
これはかなりめずらしいことなのであります。
小さい頃の無邪気な頃を除いて、娘はほとんど喋らないというか、恥ずかしがって隠れたりしてました。
お寺にいたときもお経の最中に私の姉と何やら喋ってるな〜とは思ったのですが。
義姉からも「○○ちゃん変わったね〜」と言われました。
娘も少しは大人になったかっ ってどんな成長だいっ
でも嬉しい光景でした。

そんな娘さん、今度介護施設と駅前でハンドベルを演奏します



  
    
                                                 

娘と二人で実家の裏を散策  娘がパチリ             
ひとつだけ残った柿を見て「これも撮る〜!」ここも田舎だけど実家はもっと田舎〜












  
   人気ブログランキングへ 
                          ポチッ!と押していただけるとうれしいです        
TOPへ
| 季節の出来事 | comments(4) | trackbacks(1)
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト
TOPへ
| - | - | -
Comment
ちゃろ
2009/12/06 12:57 PM
お祖母様の一周忌、お疲れさまでした。
子供達も、大きくなってくると喜んではついてこなくなりますよね。
でも、子供でも来る必要がると感じることは、強制もアリだと思いますよ。
うちの息子も一周忌の時は、正坐に耐えながら頑張って神妙な顔をしていました。その間に何かを感じ取ってくれたらなぁと思っています。
夏恋さんの息子さんも、きっとお祖母様のことを思い出していたかもしれませんね。

娘さん、周りを見回して空気をよむことができるようになっているんですね。これも目にみえる成長でしょうか。
きっと、娘さんなりに気を使っていたのかな。
娘さん撮影の写真、素敵です〜

TOPへ
夏恋 :
2009/12/07 12:42 AM
ちゃろさんへ
もう息子は私についてくることは滅多にないので(自分の用事があるときだけ〜^^;)実家にもしばらく行ってなかったんですけどね、ここは法事なのでほぼ強制でした^^;
お経が思ったより長くてね〜、しかもいつものお坊さん+修行中という私の同級生がお坊さんとして登場してきてピックリでした。何かを感じ取ってくれればいいのですけどね〜。ひいばあちゃんのこと少しでも思い出してくれたら幸いです。

娘は本当は部活があったんです。会食に出なければ間に合ったと思うのだけど、始めは部活に行くって言ってた娘でしたがちゃっかり会食に混ざってました^^;でもきっとひいばあちゃんも喜んだことでしょう。
たいしたテクニックもない写真だけど、田舎の風景や花でちょっとでも癒されてもらえれば嬉しいです(*^。^*)

TOPへ
juma :
2009/12/07 3:28 PM
法事、お疲れ様でした。
親戚で集まる機会って、今はなかなか無いですよね。
家も、義母の葬儀のとき 親戚付き合いに慣れてないわが子はどうなるか?と思いましたが、進んでお茶入れしたり 叔母さんたちとおしゃべりしたり
「へえ〜〜♪」って場面がたくさんありました^^

親が思っているより、子どもはしっかりしてるのかもしれないですね(^-^)


TOPへ
夏恋 :
2009/12/07 8:56 PM
jumaさんへ
そうなんですよね、親戚が一斉に集まる機会は少ないですよね。ましてや我が家は私だけ一方の親戚だけなので私も子も狭い付き合いの範囲です。子も親戚付き合いというものには慣れてませんね。
あ〜、我が子、ちゃんと挨拶とかできるかな〜とか思っちゃうんですよね^^;
jumaさんは義母様お亡くなりになられてるんですね。。娘さんたちもさぞかし悲しんだことでしょう・・。
娘さん、ちゃんとお付き合いされててご立派!気も使うだろうけどね。
確かに親が心配するより子はしっかりしてるものかもしれませんね。
私も今回娘の「へえ〜〜♪」っていう場面をみれてよかったです^^

TOPへ
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://karen330.jugem.jp/trackback/233
Trackback
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- (^ー゚)ノ 2009/12/06 7:01 PM | TOPへ

Recommended
さよなら不登校―復学サポートブック
さよなら不登校―復学サポートブック (JUGEMレビュー »)
上野 剛
不登校支援グループ エンカレッジの代表の先生が書かれたご本です。
不登校13万人の親にできること!
不登校13万人の親にできること! (JUGEMレビュー »)
藤本 琢
不登校自立支援センター ファーストホームエデュケーションの代表の先生が書かれたご本です。
ころばぬ先の家庭教育―長期不登校になる前に学んでおきたい親の対応法 中学生編
ころばぬ先の家庭教育―長期不登校になる前に学んでおきたい親の対応法 中学生編 (JUGEMレビュー »)
水野 達朗
家庭教育支援グループ ペアレンツキャンプの代表の先生が書かれたご本。中学生編です。
ころばぬ先の家庭教育―きょうからできる家庭力アップ 小学生編
ころばぬ先の家庭教育―きょうからできる家庭力アップ 小学生編 (JUGEMレビュー »)
水野 達朗
家庭教育支援グループ ペアレンツキャンプの代表の先生が書かれたご本です。
自己紹介&つぶやき
時間だょ(・∀・)