<< 長かった9日間 | main | 再登校から2年☆ >>
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
| - | - | -
write夏恋 
生まれてきてくれてありがとう・・

今日10月26日は息子の12回目の誕生日です

1997年10月26日午前2時33分
体重3035グラムで元気に産まれてくれました


 
             
       〜1ヵ月検診〜 ようやくちょっとはまともに見れる顔になったのよね


あれから12年・・・
いろんなことがあったね


1歳半のときにはもう父親の姿は無かったね
ほんとにごめんなさい・・・親の勝手で父親のいない家庭にしてしまって
きっと寂しい思いもたくさんしただろうね・・・

同時に喘息も発症しちゃって苦しかったね
夜遅く雪の降る中、あなたをおんぶしながら
お姉ちゃんの手をひいて病院に向かったね



              
     〜10ヶ月〜 泣いてるんじゃないよ、ぼくこれでも超ご機嫌なのさ


ケガもたくさんしたね
入学前に車にぶつかったときはさすがに母も青ざめたよ

それでも元気にここまで成長してくれて母はとても嬉しく思います


途中学校に行けないという非常に苦しい経験もしたけど、
体を張って教えてくれてありがとう
おかげで母はたくさんの気づきを得ることができました


時にはこの子がいなけれなどんなに楽か・・・
なんて考えたこともあるとても悪い母です

自分の部屋一つ与えてあげることできなくて

どこにも連れてってあげることできなくて

贅沢なことはできないけど


生まれてきてくれてありがとう・・・

母はあなた達がいるから頑張れます
こんな不甲斐ない母だけど、一緒に成長していくからこれからもよろしくね








人気ブログランキングへ

                 ポチッ!と押していただけるとうれしいです

TOPへ
| 季節の出来事 | comments(14) | trackbacks(1)
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト
TOPへ
| - | - | -
Comment
かのん :
2009/10/26 8:57 AM
息子さんの12歳のお誕生日おめでとうございます!

「産まれてきてくれてありがとう」本当にそうですよね。日々の生活を送る中で、忘れてしまいがちなこと、もう一度思い出させていただきました。

私は結婚してから5年間赤ちゃんが授からず、周りの言葉や、自分での思いこみでつらい思いをしました。いろいろな治療を受け、長男を授かり、その後のふたりも、病院に通って授かることができました。
次男が不登校になったとき、「生きていてくれることだけでも嬉しいと思えない?」というママ友(この友人は自分のお姉さんが亡くなり、それがきっかけで甥と姪が学校へ行けなくなり、毎日、説得や様子を見に行ったり、ご苦労されたそうです)の言葉にも素直にうなずけず、『授かるまでに苦労して、やっとここまで育てたら、またこんな風になってしまった…。』って自分だけがつらい思いをしているように思ってしまったこともあります。

夏恋さんが書いていらっしゃるように、この経験をしたことでたくさんの気づき、同じ経験をした大切な友人(と書かせてもらっていいですか?)を得る事ができました。

出産直後に読んだ本に、「産みの苦しみという言葉があるけれども、赤ちゃんもヒマラヤ登山並の息苦しさを経験しながら狭い産道を降りてきている」という言葉がありました。横に寝ている長男を見ながら「産まれてきてくれてありがとう」とつぶやいたあの日。
大切な事を思い出させてくれた夏恋さん、ありがとうございました。

これからの毎日がみなさんにとって幸せなものとなりますように…!

TOPへ
ciquciqu :
2009/10/26 2:04 PM
お誕生日おめでとうございます♪

12年という歳月。
振り返るとあっという間の日々ですが、
そのときの1日1日は非常に楽しかったり・大変だったり・悲しかったり・・・色々な思いがあふれてきます。

我が家の息子もあと数ヶ月で12歳になります。
はじめての子育て、不安だらけでした。(現在もですが・・・)
今思うと、オムツの替え方もよくわからなかった私が、よく子どもを生んだなって(笑)

子どもに親として育ててもらっている現在。
学ぶことが山積みです。
一緒に成長・・・ですね。


TOPへ
ティカ
2009/10/26 4:53 PM
息子さん、12歳のお誕生日おめでとうございます!

うちの息子も、今月1日に12歳になりました。誕生日、近かったのですね。
夏恋さんの記事を読んで、私はつくづく反省・・・息子の誕生日のプレゼントは一足早くあげてしまったからなのか(言い訳?)実は、息子の誕生日当日に、その日が誕生日だと忘れてしまっていました。その日の午後に、急に思い出して蒼ざめた私。息子が帰ってきて、「今週の土曜日に誕生日のお祝いしようね」なんて言ってどうにかセーフだったのですが・・息子も「誕生日?え?あ?俺の?」なんて忘れていたみたいで・・・親子は似るものなのでしょうか。
うちの息子もかのんさんと同じく、通院して授かった命です。その後も欲しかったけれど、出来なくて、結局ひとりっ子になりました。本当に本当に大切な命です。それなのに・・ほんとに、ほんとに。

でも、夏恋さんの気持ちに触れて、生まれてきてくれた時の嬉しさを思い出しました。本当に私の息子でありがとう!という気持ちで一杯です。ありがとう、夏恋さん。

TOPへ
ちゃろ
2009/10/26 10:22 PM
夏恋さんの気持ち、伝わってきました。
息子さんのお誕生日おめでとうございます!
子供が大きくなると誕生のことを忘れがちですよね。(私だけ?)
本当に、感謝の気持ちを常にもたないといけませんね。
息子さんの10か月の写真、かわいいですね〜
飛び散ったご飯粒?がすごい・・・

『子供と一緒に成長していく親』私も目指します。

TOPへ
夏恋 :
2009/10/28 11:42 AM
かのんさんへ
ありがとうございま〜す♪
早いもので12歳になりました(^▽^)
かのんさんは大変つらい思いをされて待望の長男さんを授かったのですね・・。さぞかし愛しかったことでしょう。
私も不登校の渦中は(そうは言っても・・)と思ったりしてなかなか素直に聞けないってことありました。それだけ不登校と言う出来事は辛く悲しいものでしたよね。でもでも、こうしてかのんさんや皆さんと知り合うことができたことは私の宝ですね。同じ経験をした大切な友人です!
>赤ちゃんもヒマラヤ登山並の息苦しさを経験しながら狭い産道を降りてきている
そうですよね・・赤ちゃんも頑張って頑張ってママに会いにきてくれて・・ものすごく神秘的なことよね〜。そう考えると赤ちゃんも本来我慢強さを知って産まれてくるんだなぁ、それを良くするも悪くするも親次第?な〜んて考えちゃいました^^;むか〜し息子が2歳か3歳の頃、私のお腹にいた時の自分の様子を語ったことがあったのにもびっくりしたけどね\(◎о◎)/
これからも笑いがあって平穏に過ごせたら何よりと思ってます。

TOPへ
ゆうま :
2009/10/28 11:45 AM
こんにちは。
息子さんお誕生日なんですね、おめでとうございます。普段はなかなか意識しないのですが、本当に生まれてきてありがとうですね〜(つらいときもありましたが) 気付かせてくれて、という一言、なんかじーんときました。
本当にそうだとおもいます。大切にしないといけないですね。

うちは一つ下の男の子です。同じエンカレッジで支援していだだき、昨年克服し、卒業しました?(まだ上野先生を頼っているように、思うが? )まだまだ日により、波があり、内心ハラハラすることが、多いです。
ブログは上野先生から、送っていただきました。はじめて読んだブログは、夏恋さんのブログでした。これからもよろしくお願いします。

TOPへ
夏恋 :
2009/10/28 2:45 PM
ciquciquさんへ
息子さんもあと数ヶ月で誕生日なんですね♪寒い月かな?
もう12歳なんだな〜と思って。ほんとにね〜色々な思いがあふれてきますよね。アルバムとかみると余計思いますね。無邪気にピースしてくれてる頃がかわいかった?かな^^;今じゃ被写体にはなりませんからね(悲
はじめての子育ては未知の世界だし誰だってそうですよ〜。私も姉の子のオムツとか替えたりお世話はしてきたものの、わからないことも多々でその度に姉に聞いてたものでした。初めて父親一人に子を任せて長時間出かけて帰ってきたら、前後逆に紙オムツしてたのにはびっくりしたけどね〜(T0T)
子育てが楽しくてしょうがない♪って言う、下の子がまだ小さい友人がいてね、あ〜私ももっと楽しんで子育てすればよかったな〜って。
でもまだまだ子から学ぶことはたくさんありそうですね。楽しみながら一緒に成長できたらいいかな〜^^

TOPへ
夏恋 :
2009/10/28 8:41 PM
ティカさんへ
ティカさんの息子さんも10月生まれなんですね^^うちは蠍座、息子さんはそうすると天秤座ですね。息子さんもお誕生日おめでとうございました!
一足先のプレゼンントは我が家もですよ〜^^;そしてその日は娘もインフル隔離中だったし、特別なことは何もしてないの〜。だからやっぱり土曜日にケーキでも焼いてささやかなお祝いでもしようかなって。息子もそんなもんと思ってるし〜(^。^;
そうですか、ティカさんも通院なされて長男さんを授かったのですね。かけがえのない大切な命ですよね。産まれたときはそれはそれは嬉しかったですよね〜。そしてどこからか私は過保護極まりない育て方をしてしまって・・
でも本当に私の子に産まれてきてくれてありがとう・・ですね。私に気づかせてくれてありがとう・・です。
これからは私も子も、自立・自律できるよう目標に(なかなか難しいけどね^^;)子育てを楽しみながら頑張っていけたらないいなと思います。

TOPへ
夏恋 :
2009/10/28 11:01 PM
ちゃろさんへ
ありがとうございます!!
お蔭様で12歳になりました\(^o^)/
写真ね〜、当時はデジカメなんか無くて(持ってなかっただけ?)現像に出しては出来上がりを楽しみにしてたものでした。なので、昔の写真を置いて携帯で撮ったものなのでボケボケですが(><)
10ヶ月の写真すごいでしょ〜。ちょっと台所へ行って戻ってきたらこのありさまでした〜w(゚o゚)wワオ!!ご飯粒が見事に飛び散ってて、口にご飯粒つけながら大笑いしてるんですよ息子。そんな姿がおかしくてね、思わずパチリでした^^
今じゃこの頃の面影なんかすっかりないですからね〜^^;
産まれた時の感動を忘れずに、これからも一人の人間として見守りながら一緒に成長していけたらと思います。

TOPへ
夏恋 :
2009/10/28 11:54 PM
ゆうまさんへ
ありがとうございます(゚∇^*)V!
息子は小さい頃はほんと手のかからない子だったんです。それが良いのか悪いのかはわからないけど、どこからかズレてきたのでしょうね・・。繊細な部分も見え始め、自分の子育てに不安を抱きながらもズルズルと。不登校という形で息子が気づかせてくれました。「お母さん変わって!」と悲痛の叫びだったのだろうなって・・。

ゆうまさんのお子さんは一つ下という事は5年生なんですね。卒業もされたんですね!おめでとうございます(^^)//゛゛゛パチパチ(私もまだ上野先生頼ってますから〜^^;)同じエンカレッジの卒業生として、こうして継続登校をがんばってらっしゃる方が後に後に続いていること、とっても嬉しいです(*^_^*)私もがんばらなきゃ〜って!
はじめて読んだブログが私のブログだったとはσ(^◇^;)とっても光栄です。がなんだか恥ずかしい気も。拙いブログなのにありがとうねm(._.)m
こちらこそ!よろしくお願いしますね。そして継続登校一緒にがんばりましょうね^^

TOPへ
ciquciqu
2009/10/29 10:19 AM
夏恋さん♪

おはようございます。

リンクよろしくお願いいたします。

わたしの方も、貼らせていただいてよろしいですか?

TOPへ
夏恋 :
2009/10/29 11:59 AM
ciquciquさんへ

こんにちは〜♪
リンク了承ありがとうございます^^
貼らせていただきますね。

私の方もいいですよ〜光栄です。
よろしくお願いします☆

TOPへ
may
2009/12/07 8:21 PM
こんにちは。読み戻っていたらここにたどり着き、
今頃過去日記のコメントでごめんなさい。

でも息子さんの12年を振り返る夏恋さんの大きな愛にポロリと泣けました。

こどもを持って初めて知る世界に出会えたことに私も感謝しています。

遅くなってしまいましたが息子さんの12歳のお誕生日おめでとうございました。

TOPへ
夏恋 :
2009/12/07 9:51 PM
mayさんへ
mayさん、こんばんは^^
うわ〜こちらにもきてくださりコメントいただいて!とっても嬉しいです(*^.^*)
mayさんと花乃心ちゃんの深い絆がなんだかとても心温まって思わず寄らせて頂きました。

子どもに教わることも多く、親も日々成長させられますね。大切な宝物を授かりました^^

お祝いの言葉☆⌒(*^∇゜)v ありがとうございます!

TOPへ
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://karen330.jugem.jp/trackback/226
Trackback
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- (^ー゚)ノ 2009/10/30 8:18 AM | TOPへ

Recommended
さよなら不登校―復学サポートブック
さよなら不登校―復学サポートブック (JUGEMレビュー »)
上野 剛
不登校支援グループ エンカレッジの代表の先生が書かれたご本です。
不登校13万人の親にできること!
不登校13万人の親にできること! (JUGEMレビュー »)
藤本 琢
不登校自立支援センター ファーストホームエデュケーションの代表の先生が書かれたご本です。
ころばぬ先の家庭教育―長期不登校になる前に学んでおきたい親の対応法 中学生編
ころばぬ先の家庭教育―長期不登校になる前に学んでおきたい親の対応法 中学生編 (JUGEMレビュー »)
水野 達朗
家庭教育支援グループ ペアレンツキャンプの代表の先生が書かれたご本。中学生編です。
ころばぬ先の家庭教育―きょうからできる家庭力アップ 小学生編
ころばぬ先の家庭教育―きょうからできる家庭力アップ 小学生編 (JUGEMレビュー »)
水野 達朗
家庭教育支援グループ ペアレンツキャンプの代表の先生が書かれたご本です。
自己紹介&つぶやき
時間だょ(・∀・)