writeスポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
| - | - | -
write夏恋 
春休み
子どもたちは火曜日から春休みに入ってます。
息子は5年生無事終了しました。
3学期は短い期間だったけど、息子は2学期に続き欠席ゼロでした。遅刻早退もなし
1年間を通してみると1日の欠席でした。
あれだけ学校に行くことが出来なかった息子。うそみたいですね

そして、もうひとつ嬉しかったことは娘も3学期は欠席ゼロだったこと。
2学期はいまひとつ安定してないような感じで、5日学校休みました。
1学期にも1日休んでいたし・・・
ま、3学期は短いこともあるけど、なんとなく大丈夫って私も思えるようになりました。

ピアノを辞めたことで心が軽くなったのかな?
やはりピアノに関しては私がやらせてる感じが強かったのかもしれません。

娘は毎日部活。息子は毎日遊び。とお互い春休みをまったりと満喫中っていうところでしょうか。

今日(あ、もう昨日ですね)学校の先生方の異動の発表がありました。
息子は登校班長なので、学校に行って異動のお知らせの用紙をもらい登校班の各家庭に配るという役割があります。
去年も班長だったのでこの役割があったのですが、去年はお友達と約束して行く予定が、待ち合わせの場所でお友達がこない。なので一人で歩いて学校まで行ったものの、職員室もカーテンが閉まってたと配るチラシをもらわずに家に帰ってきてしまっていました。
なので私が帰宅後もう一度一緒に学校に行ったのです。

今年の今日はちゃんと行けた・・? 
大丈夫でしたね。お友達と自転車で行き、指定の時間よりだいぶ早めに学校に着いたらしいけど、ちゃんと用紙をもらい、各家庭に配っておいてきたそうです。
息子なりに成長したかな。

肝心の先生の異動は?
先に私は新聞をみてわかってはいたのですが、息子のほうから「○○異動だって、あと○○は辞めるんだって」と話してくれました。
「そうなんだ〜○○先生は長かったからね〜」(息子は呼び捨てにするけど、たとえ評判の悪い先生でも決して私も一緒に呼び捨てにしないように気をつけてます)
「あら○○先生は(息子の担任)?」
「あ〜、行かないよ。○○はいてもらわないとね〜」(担任の先生は息子はあだ名で言ってます)
「そう、よかったね〜」
息子は今の先生が好きなんでしょうね。

この学校にきて今年で6年目と長いので私も正直異動があったら嫌だな〜って思っていたので安心しました。卒業まで見守ってくれそうです。
娘も息子も同じこの先生から卒業ということになりそうです。


TOPへ
| 継続登校(小5) | comments(8) | trackbacks(1)
write夏恋 
母のイメージってσ(^_^;ワタシ? 
先週は息子の5年生最後の授業参観がありました  
授業は図工です。
前日に息子は「あ〜、何で図工なんだ、2組は道徳じゃん、簡単じゃん、ただ聞いてればいいんだから〜、あ〜ぁ図工なんて面倒くせっ」
と言ってたかと思ったら
「そうだ!明日学校休めばいいんだ!」
などと明るく言ってる・・・
笑顔で言ってるので本気ではないと思うけど、聞き捨てならないセリフね〜
(?・?・それはおかしいよねぇ)みたいな顔をして、聞き流しましたけど。
でもほんとに明日の朝ぐずったりして・・なんて少々思っちゃいました。

まだ簡単に学校を休めるという思いがあるのかなぁ

息子は図工が苦手ですからね
その日の1.2校時にも図工があるらしく、自画像の版画の仕上げみたいで
「超難しいんだよね〜、ま、これが終わればもう図工は終わりなんだけど・・」
などと呟いていました。

「ねえねえ、図工って何やるの?」
という姉の質問に息子は「・・・」
出してくれたプリントをみて保護者像を描くというのが判明。
「親の顔を描くんだね〜」と私が言ったら娘が
「へぇ〜面白そう。○○!○○!(弟を呼んで) そしたらね!目の上へこませて黒くして、頬もこけさせて、ここ、ここね!ここのシワを忘れずにね(眉間のシワ・・・)それと、口の横のシワも描いて、そうそう、毛穴もだよ〜」
(どんだけでてくんじゃ〜〜い
これでだいたい私かれんの顔が想像できるのでは・・・

そしたら「ど〜れどれ?」とじっくり私の顔を覗き込む息子
「う〜ん、ここに3本線をひいて(おでこ) 目の下もちょっとね〜」 
「そうだ、怒りマークもつけなくちゃ」
ですって・・・

いや〜、事実なのでもう笑うしかないのですが、怒りマークもつけなくちゃという息子の発言に、
息子にとって、母である私のイメージが「怒り」というのが少々ショックでした

不登校になって対応を変えてはきたけど、長年のイメージというのは染み付いてるんだろうな・・・。
それに、叱るときは叱る。命令もなるだけ冷静に簡潔に言い伝えようと思うけど、時に声を荒げることもあるし。父親の顔もしなくてはなりません。。。
特に最近は娘の理不尽な言動や行動に怒っている私も多いし、感情が入ってしまうこともあるので反省だったのです。

授業参観当日の朝は普通に起きてきました。
ただ・・・
「絵の具の筆の先がもうボロボロなんだ・・・」と言ってきて。
「筆の買い置きはないよ、そういうのは早めに言ってくれないと」
と、(また必要なものを当日に言うんだから)という思いが先にきて、口走ってしまい
「だからこの前言おうとしたんだ!」(?)と発展してしまい、騒がしい朝となってしまいました。
結局無いものは無いので諦めて登校しましたけど。
最近は必要なものは早めに言ってくれるようになったんですけどね。当日は困ります

授業参観中、うしろのお母さん、
「もっと大きく描いたら?」
「え〜お母さんこんな目してないよ〜」等いろいろ口出しが・・・
(私の高校の時の同級生なんですけどね

息子の描く私は・・・ ちっちゃ!なかなか難しいようで何度も消しては描きを繰り返してましたけど、黙ってモデルをするに徹しました。
途中先生に「がんばれ」などと声をかけてもらってましたけど、う〜〜ん、息子にとって絵はなかなか難しいようですねぇ
でも、ほうれい線を描くとなんだか似てるじゃんって思えた


 娘の中学では先週頭ぐらいからインフルエンザが大流行
よりによってなんでこの時期なのって感じで、受験生の親御さんなんかハラハラドキドキだろうな〜。
なので部活も1週間ありませんでした。
卒業式の入退場に演奏する曲を練習してきたようですが、卒業式予行も先輩方何人かお休みの人がいたらしく音が足りなかったみたい。
今週末の卒業式には無事に全員で演奏して、卒業生をお見送りできるといいですね



 
JUGEMテーマ:つぶやき。



  人気ブログランキングへポチッ!と押していただけるとうれしいです
   
TOPへ
| 継続登校(小5) | comments(7) | trackbacks(3)
write夏恋 
体調不良だけれど・・・
木曜の朝、久しぶりにグズグズの息子でした。
グズグズっていうよりははっきりしない態度って言ったほうがいいかな。
起きてきたものの「喉がいたい・・・」と。
朝ごはんもなかなか進まず、こたつに寝そべったまま。
赤い目をしていて調子悪そうだなと感じおでこをさわったけど熱はなさそう。
自分から体温を測ろうとはしないので、私も何も言わず普段通りの朝を過ごし、ぎりぎりまで様子をみていると、ようやく少し朝ごはんに手をつけました。
しかしまた横になっちゃって。
テレビの占いを見ながら姉との会話で少し冗談も出ていたようなので大丈夫かなとも思ったけど、
娘が7時に「行ってきま〜す!」と家を出て行っても息子は着替える様子も無く横になったまま。

「どうした?」と聞いても
「・・・・喉が・・・」と辛い表情で言うだけ。
「喉がいたいんだね」と返すしかない・・・

はて?どうするのだろう。
(喉が痛いのはわかった、だからあなたはどうしたいの?)心の声

しばらくすると、のろ〜り、のろ〜りと制服に着替えはじめました。
表情は辛そうな顔をして、くら〜〜い顔。

それでも学校へ行く用意はしているようなので、だまって見て見ぬふりをしてると、
なんとかおも〜い足取りで登校しました。
久しぶりに行き渋り?が見られ、私もはっきりしない息子の態度に少々気をもんだ朝でした。

これはきっと学校から電話がかかってくるかもしれないな〜なんても思いました。

そしてこの日は塾の日なので、メモ紙に〔具合が悪いときは無理をしないように〕
と書いて置いとこうかと思い、書いて一旦置いたのですが、
いや、待てよ、こんなの必要ない・・自分で判断すればいいことだ。
とも思いなおして、破り捨て。
ん、でもやっぱり一言残しておこうか、無理して行って喘息につながってもいけないし、と、また書いて置いてみたり。
でもまたまた、やっぱり口出す必要はないよなぁ、どうのようにするかは自分で決めさせないと・・・と思いまた破り捨てたりして。ちょっと繰り返してしまいました。
私はこんな小さなことでも悩んでるんですね。情けなっ

結局メモは置かず私も仕事に向かいました。

学校からも連絡はきませんでした。
が、息子から夕方携帯にかかってきました。

「お母さん、咳が止まらなくて喉もまだ痛い・・」
「そう」
「病院は何時までやってるの?病院に行きたい」
と言ってきました。
なので塾は休むと。正直、よかった〜自分で判断してと思いました。
ですがあいにく木曜の午後はかかりつけ医休診なんですよねぇ。

仕事から帰宅すると息子は
「喉の痛み早く治したいんだ、明日学校休むようになると遊べないし(短縮で帰りが早い)土曜も日曜も休んでなくちゃならないし」
「そうだね〜」
(あくまで遊べなくなることが嫌みたいで、まったくまったく・・)
「だから病院の薬を飲んでこの喉の痛みをどうにかしたいんだ」

というわけで、違う病院へ行き診てもらいました。
やはり喉が相当に赤いらしいです。喘息になりかけ・・・
お薬をもらって即効息子は車の中で飲んでいました。

病院にいて思い出したことがあって!
娘の中1で受ける予防接種追加(麻疹・風疹)まだだったんでした。
ついでに予約いれとこうかなぁと思い、明日は部活がないと言ってたから明日に入れたのです。
でも、これはちょっと勇み足でしたねぇ。失敗しました。
案の定帰っていた娘に聞いたら
「え〜〜〜!勉強させてよ〜〜、予定も聞かないで〜」という返事。
そうですね、聞いてから入れるべきでした。
でも病院ぎらいの娘を待っていたら3月が終わってしまう(汗)
病院によって接種時間も決まってるから調整が難しいのよね・・・。
ま、そのうち受けましょう。

家に帰ってからも息子は静かに過ごし、少し寝て、そして10時には就寝。
「宿題どうすっぺ」なんて呟いてて。
そしたら姉が「そんなのやんなくていいんだし」と助言!?
寝るときにも「おれ明日元気になってたら宿題どうすんだ?」なんてまた呟いてました。

今朝・・・
どうやら復活したようです。
喉の痛みもだいぶ楽になったみたいです。
宿題はやってないのですが、毎日何分何の学習をしたか書いていく表があり、それに保護者の印を押すのですが
「やってない かぜでねてた」と書いてありました。
そうそうやれないときはやらなくていいんです。

「薬ももってかなくちゃならないな」と言い
昨日の足取りとは打って変わって足取り軽く登校していきました。

体調不良だけれど、少し前向き(?)柔軟に考えられるようになってうれしく思った母でした。






 
TOPへ
| 継続登校(小5) | comments(2) | trackbacks(6)
write夏恋 
\((;◎_◎)/!ドッヒャー
降り積もるかと思われた雪もたしたことなくすみ、今日もちらつきながらも少し晴れ間もみえてました

8日から3学期が始まったわけですが 

なのに・・・なのに・・・なのに

あちゃ〜〜 初日から、やっちゃいました〜

私ったら・・・朝寝坊!! してしまいました

なんと 目覚めたのが
7時です。


子ども達の夜更かしを心配して起きれるかななんて心配してるどころじゃありませんでした

しかも息子に「ちょっと・・・」と起こされた。

もちろん息子も今起きたわけで・・・

皆寝てた、誰も起きなかった

娘はだいたい7時ちょっと前頃家を出る。完全アウト

とりあえず皆起きてそれぞれに支度。
私はとりあえずふりかけご飯を用意

7時10分過ぎ頃完了。
仕方ない、娘は途中合流のお友達の家まで車で
息子の家を出る時間も少しオーバーしてて、
つい、息子に「どうする?一緒に乗ってく?」と思わず聞いてしまった

しかし息子の返答は
「いや、おれはいつもの時間だし」と言い
さささ〜っと家を出て行きました

3学期初日からバタバタとしてしまい、こんな大失敗をしてしまった私です

夜更かしもほどほどにしないと・・・  反省です・・・(×_×;)シュン







TOPへ
| 継続登校(小5) | comments(2) | trackbacks(4)
write夏恋 
今日から冬休み

昨日は2学期の終業式でした
私が帰宅すると、それぞれに通知票がでていて、
「はい、これ」ってみせてくれました。
先に渡してくれたお姉ちゃんの方は、その他の活動の欄に書かれている様々な賞がとてもうれしそうでした。何やら一緒に賞状も持って帰ってきてて、以前苦労して書き上げた創作作曲が入選したようでした。よかったね〜、苦労して創ったかいがありましたね

続いて息子、成績はABC評価なのであまり見がいはないのですが、1学期はほとんどBだったのが、だいぶA評価が増えてました 
それも嬉しいことですが、何より嬉しかったのは

    081223_131100_ed.jpg

やはりこの欄ですね〜。
復学後初めて欠席が0だったので、嬉しくて思わず画像UPしてしまいました
ちなみに上の1学期の欠席1は骨折でした〜。
2学期は大きなケガもなく充実して過ごせたのではないかな?

不登校時、もらうことも辛かったこの通知票。
斜線だらけの通知票をみるのはとても辛いものでした。

今こうして、笑顔でみれることに感謝です


そして今日から冬休み
娘はお友達の家でクリスマスパーティー 
息子も我が家でお友達とゲームをまったりと満喫中

私もつい延ばしてきてしまったお掃除に身をいれるとしましょう



TOPへ
| 継続登校(小5) | comments(6) | trackbacks(3)
write夏恋 
個別懇談
 気がつけば師走になりもう10日も過ぎてしまいました。

無事祖母の葬儀も終わり、またいつもの毎日に戻りました。
なかなか皆さんのブログの方にコメントすることもできず失礼しちゃってて申し訳ないです

昨日は仕事がたんまりでして目がまわる忙しさでした〜
あ〜〜、みんなの年末調整もしなくちゃだわ〜〜(・。・;
今年の改正点もよく読んでない私なのです。ソフトもインストールしないと・・・
大丈夫か〜私?資料一つ一つ間違えないようにきちんと目を通さないとっ。
・・っとその前に今日給料日なのに給料計算が終わってな〜い 朝一で終わらせないと。

そんな中、本当は一昨日の予定だったのですが、お葬式になってしまったので、昨日にずらしてもらった息子の個別懇談に学校へ行ってきました

担任の先生からは
「いい状態だと思いますよ」と。
何かのアンケートをしたらしく(横文字を言っていてよく聞き取れなかったけど)
息子の場合、学校に安心していられる、周りに認められていると思っている等、安心感をもって学校生活をすごせているっていう結果らしいです。

「学力も4年生のときの欠損した部分はちょっとわからないけど、5年生になった頃と今を比べるとぐんと伸びてます」
「これからも欠損した部分を補いつつもっと伸ばしてってあげたいですね」

「5年生になったころは目の下にクマなんかあって最初暗い表情も感じましたけど、今は生き生きとした表情ですね〜。顔つき変わりましたよね」
と仰ってました。

今の担任の先生は「私の子育ての間違いでこうなってしまって」と伝えると
「いえいえ、そんなことはありませんよ」と仰るので、私もあまり言いませんが、
家庭では、宿題などは息子の問題なので口出しをしてないこと、息子にまかせて自分で考える力をつけれるように見守ってることなどを話ししてきました。

学校での様子が聞けてよかったです。
家ではあまり多くを語らないので喋るときは喋るんですけどね〜。
でも今の学校生活が楽しいという雰囲気は伝わってきてました。
娘のときと同じ担任の先生なので、兄弟での会話でも楽しそうに語っているときもあるので。

そして中学校の文化祭にも足を運んでくれていて、娘の美術の作品を褒めてくれて!
卒業したみんなの活躍を喜んでくれてました。ありがとうございます


今朝は霧雨模様でも日中は15℃まであがるみたいで。今年は暖かいな〜
しかしいよいよ小学校でもインフルエンザが発生したようです。
気をつけないとね

さ〜!今日も一日がんばるとしましょう〜











TOPへ
| 継続登校(小5) | comments(2) | trackbacks(0)
write夏恋 
校内マラソン大会
昨日はとても寒くて夜には雪が降っていました 初雪です。
今朝も少し降っていて、とっても寒かったです〜

期末テスト中の娘は、何時に寝たのか??
朝私が起きたら、こたつに横たわり、既に制服を着て単語帳を片手にしてた
ほとんど寝てないそうな
テスト中に眠くならないように頑張ってくだされ〜って感じでしたけど
結果は・・・?どうだったのでしょうね。

雪がちらつくとっても寒い今朝
「せめてマフラーしていきたいよ〜」という娘。
じゃあしてけば〜って思うでしょ。

ところがどっこい、娘の通う中学、変なきまりがありまして・・。

以前配布された生徒指導便りに
『防寒着の着用順について』というのが書いてあって。
1.コート類・手袋  2.マフラー  3.帽子

って書いてあったんです。

「ねぇ〜これってさ、着る順番があるわけ〜?」
「あのね!つまり、1番(コート類)を着て次に初めてマフラーをつけれるってこと!コートを着なければマフラーはできないの!」
「あ、そ〜ゆ〜ことなのね」

なので、制服にマフラーだけはなのです。

どうしてなんだろ?別にマフラーだけしても良いと思うのにな・・・
首は暖めたほうがいいんじゃないの〜?
なんて思った私です。
田舎ならではの規則か〜


そして今日は息子の方は校内マラソン大会でした  
息子の大嫌いな行事のひとつです。

去年は復学して1ヶ月後にこのマラソン大会がありました。
去年の今頃はもうこのマラソンが憂鬱で憂鬱で、「嫌だなぁ・・・」と常に言ってたっけ。
「足が痛い・・」と朝ぐずることも多々。
その度に学校行かないんじゃないかなどと思い、ハラハラの日々だったような気がします。

今年は?
やはり「嫌だな〜」って言葉は耳にしました。
「雪降って去年みたいに延期になればいいのに〜」
(そうだ、去年は雪が降って延期になって、息子の「嫌だな」オーラも延長したのでした)

それでもたまに「足が痛いや」と言うぐらいで去年みたいな暗いオーラはありません。
しかも、寝る前に「体力つけなくちゃな」と言い、突然腹筋などやってたり、
「走ろうよ!」と言うので、夜に2回ほど家の周辺を一緒に走ったりしました。

昨夜は
「どうしてあんなにいっぱい人いるんだろうね〜?」(周りの保護者の方の応援のことだと)
「どうしてだろう〜ね〜」
私は娘の時代からマラソン大会は1回も見学したことありません
わざわざ仕事休みとって見に行くお母さんもいるんですけどね。

そして今朝もいつものように起きて
「雪降ってるよ〜」
「え、マジ!」 
一瞬喜んだようにも見えましたが
「このくらいでもやるよ。すんごく悪い天気じゃないと延期にならないから」
と落ち着いて言って、普通に登校して行きました。

仕事場から今頃走ってるかな〜なんて思いながら心の中で声援してたからね


結果は〜
「走ってるときすごく寒かった〜、もう手の感覚がなくてさ」
「今日は寒かったもんね〜」
「走っているうちに気持ち悪くなってきたよ」
「そっか〜、気持ち悪くなっちゃったんだ〜、でも頑張ったんだね」

あまりよい結果ではなかったみたいです。
多分、うしろから数えたほうがいいぐらいだと思うのだけど、結果はどうでもいいです。
頑張りを認めたいと思います。。。
息子もすっきりしたような顔をしてました。

行事行事が嫌いだった息子。
今学期は水泳記録会はやらずに終わっちゃったけど、鼓笛パレード、学習発表会、稲刈り、脱穀、もちつき集会、そしてマラソン大会、その他たくさんある行事に参加し経験することができました。

これからも学校という社会で大いに揉まれて成長していってほしいなと思います。







JUGEMテーマ:授業や行事の出来事など。
TOPへ
| 継続登校(小5) | comments(6) | trackbacks(1)
write夏恋 
コタツって・・・
先月中旬頃からコタツを出してました
息子の「早く出そうよ〜!」を引き伸ばしてたんですけどね〜
今じゃ二人ともコタツとは大の仲良し
二人とも朝起きるとまずコタツに入って再び
娘は時間になると自然に目を覚まして行動するのですが
(○○分に起こして〜と言うときも)
息子にいたっては再び熟睡に入ってしまう
「○○分だよ」と声をかけないとずっと寝てるかもしれない

昨夜も晩ご飯を食べ終えてコタツに入りながらゲームしてる息子
途中ごろ〜りと横になると、いつのまにか眠ってる!
最近はマラソン大会も近いから学校でかなり走っていて疲れているのか、コタツで寝ちゃうパターンが多いんですよね。
ま、それは静かなことで構わないんだけど、昨日は布団で寝るように声かけたら
「宿題が〜・・・」と機嫌悪っ!
しばらく、ぐずらぐずらしてたけど、そのうち宿題やり始めてました。
朝にやってるときもあるし、このように遅くにやり始めてたりもするけど、私は離れてるのが一番いいみたいです。
ぐずぐず言ってるときも、心の中では(またかよ〜まったく・・)なんて思ってますけど、私は私で家事だったり自分の仕事をしてたほうが息子の行動ははかどるみたい。

息子が起きたなぁ〜と思ったら、今度は娘が「ちょっと休憩〜〜」なんてゴロン
こちらもコタツで寝ちゃった あ〜らら  

コタツって眠気も誘うよね〜
そういう私もコタツ大好き人間
子ども達が寝た後一人で入っていると、やっぱりいつの間にかってことも。
ゆっくりPCに向かいたいと思いつつ眠気に勝てない私でした。


そして先週から何かと行事があり、週末も土曜、日曜と続けて早朝奉仕作業
特に日曜はママさんバレーの試合が入ってたし、娘のお弁当も作らなくちゃと
時間的にとても厳しくて
息子に「日曜日ってさ〜、掃除行かなくていい?」って聞いたのです。
(小学校の奉仕作業で親も子も参加だったので)
きっと息子のことだから、行かないと聞いたら喜ぶだろうと思ってたら
「え〜〜、なんで〜〜?」
意外〜 
「ちょっと時間的に厳しくて〜」「行くさ〜」 「そうよね、行くよね・・」

まぁ時間的に間に合わないこともなかったので、落ち葉掃き、してきました
親が怠けてはいけませんね

息子は校舎の窓拭きだったのですが、校舎に入るとき、担任の先生に
「おっ、眠いなぁ」と頭をなでられて、はにかんでいる息子の姿を見かけました

終わり次第一目散に帰ったのは言うまでもありません

とりあえず掃除もバレーも終わり、やれやれって感じです。

・・・が、今週は娘の三者面談があり、週末は地元高校でアンサンブル発表会というのが
急遽入り、もうすぐ期末テストの娘は「いつ勉強すればいいんだよぉ〜」とブーブー言ってます


バレー仲間に飴工場で働いている人がいてね、おみやげもらっちゃいました

これおいしいんです
    081110_183056.jpg
商品にならなかったのかな?娘と2人でおいしい〜と食べてます
息子は好きじゃないみたい


  081110_080620_ed.jpg 
レモンの皮に砂糖がからんであって、おつまみにもいいかも
たしか〜商品名は「そのまんまレモン」だったような



もひとつ
  
ママさんバレーの後、間に合ったので娘の音楽祭見てきました 
え〜〜っと、娘は・・・  一番左端の何かを叩いている少女です






TOPへ
| 継続登校(小5) | comments(2) | trackbacks(0)
write夏恋 
鼓笛パレード♪
10月になりました

私の住んでるところ、10月から2ヶ月弱にわたり、菊人形というものが開催されます。
日本最大の菊の祭典 と称してるけど 年々寂しくなってるような・・・
先日その開場式に合わせ、小学校鼓笛パレードが実施されました 
 
市内の小学校が2コースに分かれて、会場に向けてそれぞれ行進します。
うちの小学校は5、6年生で編成。

去年は娘が参加してたけど、見に行かなかったっけ…
今年はちょっとでも見れたらと足を運んでみました。
 
いました、いました、最後尾に。
学校の順番も最後の上に、息子のカラーガードも列の最後尾。 

頑張ってました。

皆と一緒に行進してる。
 
うれしい・・・

ただそこにいるっていうだけでうれしかった・・・
 
見れてよかった



 
080916_080955_ed.jpg
ね、あなたもうれしいでしょ? 元気な子になったよね・・・
寝てないでこたえて〜〜 ぶちゃいくウサちゃん!






JUGEMテーマ:授業や行事の出来事など。
 
TOPへ
| 継続登校(小5) | comments(0) | trackbacks(0)
write夏恋 
明日から新学期
最近とっても涼しくて、雨模様の今日もとても寒く感じ、ジャンバーを羽織っている私です顔

息子も朝晩咳をするようになり、吸入が必要なこの頃です。急に寒くなったりしたので喘息も要注意です。

いよいよ夏休みも残すところ今日1日となってしまいました。
金曜日あたりから、息子もようやく「そろそろやばいよね?」と残っている宿題を気にし始めたようです。
去年の夏休みはまだ支援が始まったばかりで、カウンセラーのお兄さんも「自分からやると言うのならやってもかまいませんが別にやらなくていいですよ」と仰っていたので、夏休みの課題はいっさい何もやっていない息子でした。
なのもで、宿題の大変さわかってないのかな〜?ともふと思い
「お母さん、宿題終わるかどうか心配だな〜」なんて言ったこともありますが、
「まぁまぁ人生焦らずゆっくりいきましょうよ〜」と本人いたって呑気なものでした。
ようやくエンジンがかかってきたのかな汗

案の定「できな〜い!」やら「わかんな〜い!」やら怒ったり泣いたりしながらやってます泣

もちろん嫌いな図工なんかも残ってたわけで、いろんなコンクールの一覧が載っている中から一つ以上選んでやっていくわけですが、
「ん〜・・何にしよう?ん〜〜〜何がいいかな〜?何がいいと思う?」と悩むことから始まり
「今までは貯金箱やってたけどね〜、それでいいんじゃないの〜」なんて余計なことを言っている私もいてフッ…;

「みんな貯金箱やってくるかな〜?」(人のことを気にするのが息子らしい・・・)

結局「わざわざ粘土買うことないよ。絵をかけばすむんだしさ!」という結論に達したらしい。

昨日もう12時過ぎてたけど、「そろそろ絵描くかな」と言い出し描き始めました。
私がお風呂からあがったら、何やら姉と弟があーだこーだと会話していて、
どうやら姉に助けを求めたのか、どうみても人物がよく描けてて息子の絵ではない・・・汗

娘は絵を描くことはとても大好きなので手伝ってあげたのでしょうね。
まっ、それはそれで私はいいかなと思ってます。

おおいに怒ったり泣いたり叫んだりしてもらって、経験してもらうこととします。



JUGEMテーマ:夏休み




TOPへ
| 継続登校(小5) | comments(2) | trackbacks(0)
/ 1/3PAGES / >>

Recommended
さよなら不登校―復学サポートブック
さよなら不登校―復学サポートブック (JUGEMレビュー »)
上野 剛
不登校支援グループ エンカレッジの代表の先生が書かれたご本です。
不登校13万人の親にできること!
不登校13万人の親にできること! (JUGEMレビュー »)
藤本 琢
不登校自立支援センター ファーストホームエデュケーションの代表の先生が書かれたご本です。
ころばぬ先の家庭教育―長期不登校になる前に学んでおきたい親の対応法 中学生編
ころばぬ先の家庭教育―長期不登校になる前に学んでおきたい親の対応法 中学生編 (JUGEMレビュー »)
水野 達朗
家庭教育支援グループ ペアレンツキャンプの代表の先生が書かれたご本。中学生編です。
ころばぬ先の家庭教育―きょうからできる家庭力アップ 小学生編
ころばぬ先の家庭教育―きょうからできる家庭力アップ 小学生編 (JUGEMレビュー »)
水野 達朗
家庭教育支援グループ ペアレンツキャンプの代表の先生が書かれたご本です。
自己紹介&つぶやき
時間だょ(・∀・)