writeスポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
| - | - | -
write夏恋 
登校日
28日は小学校の離任式で登校日でした学校
春休みになって毎日起きてくるのは8時くらい。夜も遅いですね〜フッ…;
前日の夜は「明日も早く起こしてね!」と言って(まだ私の一声でおきてます・・・)いつもよりは早く起きました。
起きてから、姉がこたつの中で足を占領してると怒ったりもしましたが、その後は時間をみながらご飯を食べ着替えて登校しました。

去年の今頃不登校中の息子は、春休みになって気持ちも少し楽になったのか、学童クラブ(放課後預かってくれるところ)には何日か行くことができました。それを見かけた別のお母さんは「ここにこれるし、もう大丈夫でしょう!」と言ってくださいましたが・・・

学校へは「4年生になったら行く」と言ってた息子。私も、もしかしたら行ってくれるかも・・・という期待と不安でいっぱいでした。でもそれ以上に息子は不安でいっぱいだったようです。春休みが終わるに近づく度、「もうそろそろ春休みもおわりだね」とか「あ〜もう終わりか・・・」と口にすることが多かったです。案の定、新学期には行くことができませんでした。制服まではなんとか着替えましたが・・・
私も落ち着いて・・・と思って必死に対応しましたが、結局「約束したのに・・・」とか「行くって言ったじゃん・・・」と責めてしまって・・。
息子は「やっぱりお母さんも敵だ!!」と言い、ふさぎ込んでしまいました。
当たり前ですね・・・私は何一つ変わってなかったのですから・・・不登校初期の頃と同じ対応で、また息子を追い詰めて苦しめてしまいました。息子の小さな胸の内に秘めていた心の訴えに気づかなくて本当にごめんなさい・・・情けない母親でした。

そんな去年の今頃でしたが、今年は春の訪れの気配を感じることができる喜びや、家族で笑って過ごせる幸せに感謝の毎日です。

離任式と同時にクラス替えの発表もありましたドキドキ
仕事から帰ると、クラス替えのプリントが落ちてたので、
「クラス発表だったんだよね〜、どうだった〜?」
「ん〜、ま〜」
なんかそっけない返事だなぁ、何か不安な事が?
そもそも2クラスしかないので、誰かしら仲の良い子と一緒になるだろうと思ってましたが、
再登校の時に一緒に歩いてくれたお友達2人とはクラスが別になってしまいましたうわーん
ショックなのかなぁ(;´ ^`)a ンー
でも本人それほど落ちこんでる様子はないみたいですほっ
姉「○君と一緒なんだよねぇ〜」
1・2年とクラスが一緒でとても仲良くしたてお友達とまた一緒になったようです(@^▽^@)
「良かったね」と言うと「ま〜ね」と一言。(もっと言うことはないのかぁ( ▽ ||;) まっ、いいっか。)
新しいクラスでも楽しくやっていけることを願います。
あとは担任の先生が誰になるかですけどねぇchibi
どんな先生にあたっても、くじけない強い子に成長できるように、
私も対応がんばらなくちゃですかお
TOPへ
| 継続登校(小4) | comments(4) | trackbacks(0)
write夏恋 
鼓笛移杖式
2月に書き留めていた記事があったので、今頃なんですが投稿します汗

息子の通う小学校では5・6年生で編成して行う鼓笛隊というものがあります。
先日その鼓笛の6年生から新5年生(現4年生)にバトンタッチする移杖式というものがありました。
毎年運動会や秋の交通安全の鼓笛パレードの時などに演奏してたのですが、
去年はパレードを見ることができなかったので、娘の最後の演奏を聞きたいと思い学校に見学に行ってきましたくるま

娘はマーチングベルというものを担当しています。いわゆる鉄琴ですね。(私の時代はベルリラと言って縦の鉄琴でした)
女の子らしいフラッグやリングバトンなんかも魅力のようでしたが、楽器を演奏することが好きな娘はマーチングベルを選びました。

本当に4年生の頃はこんな重いものを肩から提げて歩けるのだろうかと心配したものでした。あれから2年が経ち成長したものですね〜。
さすが6年生、他の子もみな貫禄です。
演奏も今まで聞いた中で一番上手に聞こえました拍手(体育館だったので音の響きが良かったせいもあるのかもしれませんが)
演奏が終わり4年生に楽器を引き継ぐところなんかちょっとうるうるしてしまいましたなみだ
本当にご苦労様でした。

さて、楽器を引き継ぐ4年生というと我が息子もです。

今の時期に移杖式がある。その前にやりたい楽器の希望調査。その後練習があるということは娘の経験から私の頭の中には入ってました。
不登校生活を続ける中、正直この移杖式のタイミングを逃すと、息子には学校というものがもっと遠のいてしまうだろうなと心のどこかで感じてました。

意を決して6月に復学支援をお願いし、10月に再登校することができ、今こうしてこのような姿をみることができることに、支援先の先生やお兄さんはもちろん、地元学生さんほか支えてくださった皆さんに本当に感謝の気持ちで一杯です。本当にありがとうございました涙

息子は自分で楽器はできないと言ってたので、カラーガード(大きな旗)を希望しました。
しっかり6年生から受け取り、一生懸命旗をまわしたり動かしたりしていました。
列の一番最後ですが、がんばれこぶ息子!

復学後間もなく学習発表会があり、その時も涙涙だった私でしたが、この日も思わず涙が・・・

本当に学校に戻れてよかった・・・と思う瞬間でした。


このような行事もあった2月でした。
そして早いもので明日はいよいよ娘の卒業式です卒業

日曜日に、美容院嫌いの娘の髪を私がカットしてとんでもない髪型になってしまったハプニングもありました。
もはや修正不可能がーんかと思われたんですが、夜に美容師のママ友にきてもらって修正してもらいました。ひょろひょろと背中まであった長い髪がいっきにショートヘアに苦笑
でもとってもすっきりしてショートも似合いますよびっくりお姉ちゃん顔

やっと宿題が自主勉だけになった息子は
「水曜は宿題やんなくていいんじゃね〜、だってほら次の日休みじゃん、なんだっけ?ほら、はるぶんの日だっけ?」
 おい(苦笑)
そうです。今日は春分(しゅんぶん)の日ですね。
お墓参りにいかなくちゃ菊
TOPへ
| 継続登校(小4) | comments(4) | trackbacks(1)
write夏恋 
ラストスパート(・_・?)
最近、卒業からかほとんど宿題のなくなった娘に比べて、息子の方はこれでもかってぐらい宿題が多いのです困る
復学後はこの宿題の多さにも随分頭を悩ませ、時には泣きながらやるということも少なくなかったです。

息子は不登校中全く勉強はしませんでした。
ですので、再登校がきまり勉強を始めましたが、掛け算の九九は半分忘れてましたガーン
漢字もあやふやです。
その後はカウンセラーのお兄さんや大学生と共に徐々に進めましたが、やはり今でもブランクのあった期間の問題については特に弱いです。特に掛け算や割り算の筆算などは苦手なようです。

今、学校のテストも宿題も、学年のまとめみたいな感じで4年生で習ったおさらいみたいな事をやっているので、息子は頭を悩ませながら宿題に取り組んでます。
それでも答えを見ながらとか、なんとかこなしてたのですが、先日いつもの宿題に+クラスのお友達全員との思い出やその子のいいところや、がんばってるところを見つけて24人分書いてくるという宿題がついてました!!
私が帰る早々「今日の宿題超やばいよ」と息子は言っていたんですよね。
なんとか「ソフトがうまい」とか「返事の声が大きい」とか半分のお友達のことは書けたようなのですが、半分のお友達については「わからない、思い浮かばない」というばかり。「お母さん手伝って」と言うのですが、その子がどんな子かもわからないし「お母さん、○○(息子)の友達のことだし、わからないなぁ」と。「もう全然わかんない」という息子に「え〜、明るいとかでいいんじゃないの?」とか変な提案すると、「静かだし!全然あてはまんない」と、もう何を書いていいやら思いつかないらしく、ぐずりだす息子。私も「わからないなぁ」というしかなくて・・・。
宿題を忘れると、先生に怒られる怖さも知っているので、やっていかないと行けないタイプだし・・・。
「もう、できるまで起きてる!」というので「もうお母さん先に寝るね」と先に布団に入ってしまいました。
どんなものか?と支援の先生に相談してみました。
「甘えもあるのかもしれないけど、本当にわからないことなのかもしれないですよね。1年近く休んだ○○(息子)にとってはまだ友達のこともわからない部分もあるだろうし、ましてや友達のことを書いていけないなんて・・という思いもあるでしょうし、手伝ってあげていいと思いますよ。」とアドバイスをいただいたので、
「友達のことを書くのってなかなか難しいよね、大変なことだと思う・・・一緒に考えよ」と言い、翌朝一緒になんとか仕上げて登校しましたほっ

が、が、が、仕事から帰ると
「昨日のやり直しだから」と言う息子。
「もっとつけくわえなくちゃならないんだ」と。
ハ〜〜〜??? 確かに簡単な一言だったけど、あんなに苦労して頭を悩ませて書いていったのに!! 正直どこまで書いたらOKなの!?先生!!と思わずにはいられませんでした。
またその日もその宿題に頭を悩ますことになりましたが、「これからも頑張ってね」とかプラスして書き上げたようです。きっとうちの息子だけなんだろうなぁ・・・こんなに悩んでかかなくちゃならないのは・・・
しかし、そもそもこれって、お友達1人1人もらう色紙に書く言葉らしいのですが、よく考えてみると、お友達にかける言葉を色紙に書く前に下書きさせて、先生がチェックするのっておかしくない(・_・?)・・・と思ったのですが、どうなんでしょうはてな

そして週末の宿題はもっと強烈に!!
作文のお題が「○○先生について」ですってうーん(担任のことを書いていくらしい)
息子は何もかくことがないと言ってます。学校からいなくなればいいのに・・・とも呟いたりもしてます。
先生・・・何を望んでるんでしょうか? 何かたくさん褒めてもらいたいのですか?
息子が不登校のことを思い出してかくことはないでしょう。嫌いな気持ちを正直に書く勇気もないでしょう。
もちろん私も先生には敬意を表したいです。
息子にも感謝の気持ちはもってほしいと思います。
でもこの担任の先生の持ち上がりだけはぜ〜〜〜ったい嫌なんです!!
いつだったか、話の流れで次の先生は誰だろうねぇ?、なんて話しになった時、
息子が「おれ休んでたから、もしかするとまたきっと同じかも・・・」なんて、自分のせいで、また同じ今の先生がお世話するだろうみたいなことを言ったこともあります。

今更なんですが・・・息子が学校を続けて休み始めた頃、担任の先生が検査入院のためいない日があったのです。その日一日は学校へ行ったんですね。続けて休んでる息子を心配してくださってか病院から私に電話を下さったので、
「今日は行けたんです。」と伝えると、
「あらっ、どういう風の吹き回しでしょう!?」という言葉が・・・
私は我が耳を疑いました。多分先生はそんなことを言ったことは忘れてるでしょうね。
・・・でも私は今でも覚えてます。
そしてちょうど去年の今頃、3月初旬だったと思いますが、
「お母さん、留年ってご存知ですか?○○君(息子)は今年度はまだ該当になりませんが・・・」と言われて。
そういうこともあり得るのでということを伝えたかったらしいです。
もちろん後で周りから小学生に留年などはないということを確認しました。
でもそのときは息子にもう一度3年生をやれっていうこと?と思い頭の中が混乱しました。
そんなこともあってか私の心も先生から距離をおくようになったのでした。

なんだかブログにこんなこと書いていいのかわからなかったのですが・・・
でもこの厳しい担任の先生にあたって、私の息子に対する子育ての間違いに気づいたのは確かです。
感謝しないとですね。。。

とにかく新学年は新しい先生になることを祈らざるにはいられません顔
TOPへ
| 継続登校(小4) | comments(6) | trackbacks(0)
write夏恋 
壊れた!? 
私、壊れましたw(☆o◎)w 
今週月曜日息子は学校を休みました。 

日曜日、私はママさんバレーの試合があり、朝から夕方まで留守にしてました。
娘と息子で留守番です。
「行ってくるね〜」と起きていた息子に声をかけ出かけました。
途中合間に見た携帯に着信もなく、楽しくママさんたちとお昼のお弁当を食べたり、世間話をしてたりして(試合は二の次_(^^;)ゞ)疲れたけど子どもたちの事を考えずに楽しく過ごして帰宅しました。
家に入ると3人お友達がきていて、お友達と遊んでいて暇にしてなくてよかったわ〜と思い、少し横になり休んでました。廊下にでていた絆創膏の箱や使用済みのゴミが散乱してたのは?とは思いましたが。

途中娘が私のところにやってきて、
「○○(弟)ね、大量出血したんだよ〜」
「ハ〜?何で?」
「ん、よくわかんないけど、足から血が出たって」
あ〜〜、それで、絆創膏がでてたのねと納得し、息子はお友達とゲームをしてるし、あまり気にもしませんでした。
お友達が帰った後、
「お母さん、おねえから聞いてると思うけど、爪割れた・・・いって〜・・・」
と足を差し出しました。どうやら玄関のドアに足を挟んだらしいです。
「割れたんだ!それは災難だったね〜痛かったね〜。でも自分で処置したんだね」
何重にもなってはってある絆創膏の右足の親指。親指の状態をみてみようと思いましたが、
「はがすと爪も一緒にくっついてくる、こわい!だめ!」と言ってみせてくれません。
そうとう痛い様子です。もう何かに触れるだけで痛いらしく、親指を床につけても痛いと。
「かなりグロテスクだから」という息子。
「病院へ行こうか?」と聞いても「嫌だ」と。
「お風呂に入ったときはがしてみるから」というので、おそるおそるお風呂に入ったのですが、やはりお風呂でもはがせず。でも寝るときにスポッと絆創膏が抜けたのでみてみると、爪は上部が少し割れていて、爪の間に血がにじんでいるというか、血が固まっているみたいな感じ。

明日の学校はどうするんだろう?
U先生にメールで相談してみました。
「先に安心させる必要はありませんが、朝の状態が悪ければ「どうしても歩けないときは送って行ってもいいと言われた」と提案してもいいです。最悪休んで病院か、でも普通は休みませんけどね」と返事をいただき、翌朝の様子をみました。

月曜日の朝、なんとか起きましたが、学校に行くのか行かないのか???
「送ってもいいって言われてるから送ってくよ」と言っても、「・・・」「上履きはどうしたらいいんだ?上履き履かないと先生に怒られる」「外靴がはけない」等、心配ごとだらけ。
「スリッパでもいいし、先生にはきちんとお母さんから説明するし」と言っても無反応。
つま先があいてるスリッパをはいてみてもスリッパの上部がさわるだけで「痛い!」と。
靴下もはかなくちゃいけないというので親指のあたりにハサミを入れて試みてみるが、履くのにも一苦労。爪がはがれたことがない私にはどのくらい痛いものなのか理解できず、だんだん痛いというのがオーバーすぎるんじゃないのか?とか思えてきてイライラ。
登校時間が過ぎても動かない息子。やっと出てきた言葉は「病院に行く」と。
またこれが車にのるまで一苦労で、靴もはけない、スリッパでも痛い、結局スリッパの上部にもハサミを入れ大きくカットし何とか病院へ行きました。
病院の先生「あ〜、こんな風になってると爪の下の骨が割れてる可能性もありますからね、レントゲンをまずとりますね」と。私「えっ、そんなにひどかったの?」
でも幸い骨には異常はなく、浮いた爪に医療用のテープを巻いて固定し包帯でぐるぐる巻きにされました。化膿止めの薬と痛み止めの薬をもらいました。
病院に要した時間、3時間。待ってる間息子は自分の足にむかって「ど〜か折れてますように」なんて願をかけてたり(折れててほしいのか〜!?)私もいい加減待ちくたびれたのもあり(もうここまできたら折れてたほうが堂々と休めていいか)なんて考えたり。よくよく考えるとそれは後々大変なことだと思い直しましたけど。一応制服を着てまっすぐ学校へ向かえる準備はしてきたので、「この後どうする?」と聞いてみたら
「6年生送る会の途中で行くの変じゃね?」
「途中で入るのが心配なんだね〜」と返しましたが
「靴はけないし、移動できないし」その他色々心配事を言う息子。
こうしたらいいんじゃないかと色々提案してもみましたが、どれも息子は納得せず。
無理をせず休むことにしました。でも私の心の中では(このぐらいで行けないなんて・・・)という気持ちがわいてきて。
帰宅し、痛み止めを飲めばとりあえず少しは痛みも治まるかと思ったのですが、これがまた最初に飲んだ抗生剤で「うっ」と気持ち悪くなったらしく、息子が「吐くかも」と言ったのに無理に鎮痛剤を飲ませてしまって。案の定少し吐いてしまいました。
なんだかなんだかとっても疲れてイライラして、まったく!みたいな態度をとり家を後にし会社へ向かいました。

行く途中、U先生に報告しなくちゃな〜と思いお電話を。
「休みました」と
「えっ、休んだんですか?」
次に私の口から出た言葉は
「私・・・もう、どうでもいいです!正直疲れました・・・もう・・・」
先生、どうしたもんかと思われましたよね。色々言葉をさがされたと思います。
またまたかれんさん親子です。ごめんなさい。
色々いきさつを話し「まぁまぁ、何もなくて休んだわけじゃないですし」
U先生はまず私の気持ちを汲んで下さるので救われます。
「夕方まで対策を考えますので、また夕方電話下さい」と。

会社に行き、とにかく気持ちを落ち着かせようと思ったら、今日の3時締めの仕事
があったのですが「やっておいたから〜」と「何とありがたや〜」感謝でしたが、「でも間違って入力して、これって修正だよね?」と見せられて。δ(⌒〜⌒ι)とほほ...急いで修正。
ようやく帰社時間ごろには落ち着きましたが。
仕事を片付けながら、「先生にあんなこと言ってしまって・・・謝らなくちゃ」と思いながらお電話しようと思っていたら、先生からお電話が。
「落ち着きましたか?」
「うーん・・・」なんという私の微妙な返事。ごめんなさい。
でも、明日の対応を教えていただいたり、だんだんお話しているうちに少し元気になり、壊れた私もなんとか持ち直しました。先生ありがとうございます。

でもノートが書けないんです。この日の会話はぶっ飛びました。というか、多分ぶっ飛びさせたいんでしょう、私が・・・ こういう時こそ添削してもらわないといけないんでしょうが・・・手が動かない・・・

次の日は送ることで登校しました。
が、いつまで送っていくのか、癖にならないかなどの課題はのこってます。
せっかく、最近はぎりぎりの毎日でも車で送ることはなくなってきたのにと思ってたのに。

最近なんだか物事を深く深く考えてしまって・・・
でもまた明日はきます。頑張るしかないっか。
TOPへ
| 継続登校(小4) | comments(15) | trackbacks(0)
write夏恋 
不調かつ低迷・・・
今日はバレンタインデーでしたねチョコ
娘も友チョコをたくさん用意し、たくさんもって帰ってきていました。
肝心の息子はもちろん誰からももらってはいないようであせ
姉がもらってきたチョコのお味見ペコちゃん 
唯一私からのチョコでしたね。それと私がもらった友チョコもあげました。
「え〜、お母さんから〜」なんて言いながらも少し照れた様子で食べていました。hartやはりどんなチョコでももらうと嬉しいんですね。
いつか息子ももらってくるような時があるのでしょうかね〜顔

世の中はウキウキワクワクのバレンタインデーですが、なぜか私の心は沈んでます涙
なんででしょう??? やはり息子がなかなか安定しないからかな〜。

3連休明けの火曜日は、朝ごはんを「なんだか食べたくないな」と言ってたのですが、しばらくして食べ始めて、スムーズに登校しました。
・・・・・が、が、が、10時過ぎ頃担任の先生から「1校時の授業の最中吐いてしまい、保健室で休んでたのですが保健室でも何度か吐いた様なのでお迎えに来てください」と連絡が。
(え〜〜何で?朝は元気に登校したのに)と思いながら迎えに行きました。
そのまま病院へ直行けむり尿もきれいだし、お腹も張ってはいないようですと。でもお腹の風邪も流行ってますからね〜。と整腸剤をもらい帰宅。

息子によると朝歩っている最中からお腹が痛くなり、学校につき下痢だったそう。気持ちも悪くなってきて吐いてしまったと。インフルエンザもあったし体力も落ちていて免疫もなくなってたのでしょうかね。
吐いた時に朝食べた目玉焼きが消化されずでてきたみたいで(汚くてすみません^^;)「きっと卵が悪かったんだ」とも息子は言ってました。
2年生の時にも一度学校で吐いたことがあるのですが、朝食べたイチゴが出てきて、それ以降トラウマになったようでいちごはあまり食べません。きっと卵もトラウマになることでしょう。朝ごはんのメニューから卵が消えるのはきついな〜〜。

幸い次の日には吐き気も治まり、少し下痢のようでしたが登校しました。ほっ
昨日の夜から今朝にかけては喉が痛いと訴え少々ぐずり気味。
本当に寒いこの天候ですから体調も悪くなるのも仕方のないことなのでしょうが・・。でも毎日どこかが痛いと訴えられると疲れる〜〜〜chibi

復学してもうすぐ4ヶ月になりますが、まだ4ヶ月?もう4ヶ月?
会話のスキルも身についてないし、まだまだ努力しなくてはならないでしょう。
明日はなわとび大会があるようです。マラソン大会ほど不安なことは言ってきてませんが、どうなることでしょう。

私は何もする気がないっていうか、ボーッっとしてるというか沈んでます。
何か気分転換する?ストレッチ?温泉に入りに行く?美容院に行くのもいいかも。うるさい髪の毛になってきたので。

でも復学できたことが本当に奇跡きらきらのようなこと。
継続登校できるように頑張るしかないですねかお
TOPへ
| 継続登校(小4) | comments(9) | trackbacks(0)
write夏恋 
〜今週1週間〜
今週月曜日にインフルエンザと判明し、学校を休んでいた息子。
予防接種をしてないわりには意外に熱も早く下がり軽かったほうだと思います。
でも普段高熱などだしたことがないので本人は辛かったかなkyu

火曜日には熱も下がり、私としては朝から熱が下がっていたので、火、水と休み木曜には行けるかなと考えていたのですが、{熱が下がって2日が経過したら登校}というのがくせものでして、息子の考えとは不一致。
息子は火曜日に熱が下がったんだから、水、木と休み金曜日だろうと。
そうなのかな?でもまぁ自分の体のことだし本人がそう言うのであれば金曜日に行ければいいかと思い過ごしてましたが・・・

熱が下がり食欲も戻り、元気になった息子は、さ〜てこの2日間、やはり「暇だ〜!何やってればいいんだ〜」と言うようになりました。
「暇だね〜」としか言いようになかったのですが、きっと他の子だったら、「暇だ〜早く学校行きて〜」なんて言葉もでるんだろうなぁと思ったり、もしかしたら息子からもそういう言葉が聞けるかもなどと淡〜〜い期待もしましたが、残念ながらそれはありませんでしたね。なんとか頑張って学校に行っている状態ですからねぇ〜〜。それは甘い考えでした顔

私も息子も思いもよらず復学後初めて長い休みを味わうことになってしまい、
なんだか元気なのに家にいると、まるで不登校中の光景を見ているようでした。
休みが明けてちゃんと行けるだろうか・・・そんな不安が頭の中をよぎります。

案の定、「金曜日に体操着持ってくのおかしくね〜?」
(心中、だったら木曜に行けば・・)
「書写あるんだよね〜・・・」(うっ、嫌いな習字か〜)
「この咳がな〜〜ゴホッ」(急に咳をしないで)
など私の不安を募らせる言葉が出てきます。

宿題も元気になってやるものかと思っていたら全然手付かず。
本人は木曜の宿題だけやればいいと思っているので、それならそれでいいんだけど、それすらやる気配はない。
「どうしよう、でもめんどうだ〜」
しばらくしてまた「宿題めんどくせ〜〜」その繰り返し。
結局「{ずっと咳をしててできませんでした}と連絡帳に書いといて」という結論に達したようです。
ほ〜〜〜ぉ。そう考えることができましたか。やる時間はあったと思うのですが、ズルでも自分でその結論にもってけたというのはちょっと進歩かはてな
と思ったのもつかの間、お風呂上り後「やっぱり宿題どうしよっかな〜・・」
なんてまた言い始めて!結局やりませんでしたが、朝になりやっぱりやってないことに不安になりぐずるんじゃないだろうか?とまたまた不安材料が増える・・・
確かに咳が完全には抜けきれてないんですが、3連休に突入してしまうので、その前になんとか行けたらという思いがありました。

そして金曜日の朝、不安的中・・・なかなか起きずぐずり始めました。
「咳が出るからまだ休む」とか「頭が痛い」とか言うなら休ませようと思いました。
しかし、「どうしよう、どうしたらいいんだ・・・」と言うばかり。
「宿題やってないし・・・」(昨日いいやっていったじゃ〜んchibi
「迷ってるならお母さんは行った方がいいと思うよ」と言いました。
しまいには泣き出して・・・
「久しぶりでしんどいよね・・・・」とちょっと肩を抱いてやりました。
べそをかきながら着替えだして登校。
まだまだ気持ちの弱い部分が多い息子です。

なんだか無理に登校させてしまいました。
私的に今日休んだら火曜日もっとしんどくなりそうな気がしたのと、
今日どうしても終わらせなければならない仕事があることも頭をよぎり、
息子を動かしてしまいました。

支援いただいている先生には事前にご相談してたのですが、昨日の報告はお互いすれ違いの電話になってしまいメールのみで、お話することができなかったのですが、「また火曜日の様子をしらせてください」と。
先生、本当に相談することばかりですみません・・・悲しい

今週一週間は、なんだか慌ただしく、そして落ちこんだ一週間でした悲しい


━・━2/25追記━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━━・━・━・
この記事の金曜日の私の朝の行動は、後日添削ノートにて間違っていた
対応であることを指導をしていただいている先生より教えていただきました。
学校に行くことに対してのIメッセージ(迷ってるならお母さんは行ったほう
がいいと思うよ)はNGであるということ。この場合、気持ちを汲んだ上で学校
へは行くのが当然という認識で対応しなければいけませんでした。
詳しくは2/23投稿の記事に先生のコメントが掲載されてますのでご覧下さい。
皆さんに間違っていた対応であるということをきちんとお伝えすることなく、
混乱させてたかもしれません。大変申し訳ありませんでした。
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・
TOPへ
| 継続登校(小4) | comments(7) | trackbacks(0)
write夏恋 
インフルエンザ!
息子がインフルエンザにかかってしまいましたかぜ

土曜日の午後、な〜んか嫌な咳をしているな〜と感じていて。
息子の咳は喘息によるものがほとんど。
自分でだいたい苦しい範囲はわかってるようで
「お母さん、吸入する」と言うので、、
「あれ?よほどくるしいのかな?」と思い、吸入をしたのですが、なんだか咳が治まらない。
いつもなら吸入をすると楽になり咳も治まるはず。
息子の背中に耳をあて確認してみると喘鳴は聞こえない。
喉が痛いと言うので、風邪ひいたかな?なんて思ってました。

翌日、日曜なのに6時前に起きてきて、テレビをみてたりゲームをしていて、
「よかった、たいしたことはないみたい。」と思ってました。
早く起きすぎたせいかこたつに入り眠りに入った息子zzz

その後「熱い!」と言うので熱を測ってみると37度5分。
ん〜〜微妙うーん 
喘息の薬を常用してるので市販の薬を飲むのもちょっと考えてしまいます。
かかりつけの病院も休み。咳もして辛そう。
とりあえずこの咳は喘息からの咳なのか、ただの風邪の咳なのか医師の判断が必要と思い、小児科はないのだけれど急患はいつでもみてくれる総合病院へ行きました。
小学校でも流行っているので一応インフルの検査もしましたが陰性。
解熱剤だけもらい帰宅したのですが、食欲もなく顔が真っ赤で目も充血して血走っている〜め

解熱剤が効いてきたのか、顔の赤みも治まり少しおしゃべりする様になり、うどんも少し食べました。
・・・が夜に再び目が充血してきて、これは・・・。
やはり熱を測ると39度1分。

今朝になって下痢も訴えて、熱を測ると38度9分。とても学校は無理涙
かかりつけの小児科に行ってきました。
症状を話すと受付ですぐマスクを渡されて。
検査の結果やはりインフルエンザA型でした。
昨日は早すぎて反応がでなかったのですね悲しい
タミフルはもちろん処方されません。解熱剤と安静でのりきるといったところでしょうか。
病院で待っている間、息子は
「今日の午後くらいには治っているといいな〜」とか
「明日クラブだ、3年生が見学する日だから、○○君とあれをするから行かなくちゃ。」
と言っていたのですが、インフルエンザでは仕方ありません。

という訳でしばらく学校はお休みということになってしまいました。
早く熱が下がってくれれば良いのですが・・・きゃー
しかし、私、まともに息子の咳やくしゃみを浴びてたような・・・がーん
TOPへ
| 継続登校(小4) | comments(10) | trackbacks(0)
write夏恋 
ある日の会話
「お母さん!筆入れに鉛筆入ってないよ〜」
「お母さん知らないよ」
その後姉が「おまぇ、ここにいっぱいあるだろ〜!」
(口の悪いお姉ちゃんでして(^^ゞ )
まるで1年生が聞いてくるみたいな会話・・・
筆入れにはお母さんが補充していれなくちゃいけないの!?・・・

息子は出したら出しっぱなしの状態が多く、片付け苦手。
筆入れの中から鉛筆を出して使って、またきちんと筆入れに戻す様子は見られない。
居間のテーブルの上にいつでもとれる様な鉛筆入れのかごが置いてあるのですが、
そのかごの中味がいつの間にか増えていってます。
いつだったか、
「お母さん、○○(息子)が家で鉛筆削っている姿見たことないな〜」
と聞いたとき
「学校で削ってる」
「そう。」
「机の中の道具箱の中に色々入ってるし」
と言ってたので、毎日テーブルに鉛筆はでてるけど、何も言わず黙ってました。
入ってないってやっと気付いたんでしょうかね!?ゆう★

でもこれ・・・とっても恥ずかしい話、私のせいです。
今まで息子の筆入れとか中身をチェックして、補充してあげたり削っておいてあげたりしてたんです。
何という母親だったのでしょう・・・
その影響ですよね。
何でもやってあげて世話をして。。。
息子が自分でやる機会を奪ってました。

依存がとっても強い息子でした。
支援を受けるようになって対応を教えていただき、今もなお修正中です。

その後は
「新しい鉛筆が必要ならどこどこにあるから自分で削って入れてね」
「はーい」
ですみました。

まるで1年生(それ以下0口0)のような会話で恥ずかしいのですが、
亀の様な歩みの息子の成長と一緒にお母さんも勉強していくとしますクローバー
TOPへ
| 継続登校(小4) | comments(4) | trackbacks(0)
write夏恋 
寒いし、眠いし・・・おまけに痛い
今週はとっても寒さの厳しい一週間でしたムニョムニョ
ついつい布団の中で、あと5分、あと5分と思ってしまう私です(>_<)
それでも今シーズンは昨年同様雪も少なく、まだ、どか雪ゆきは降ってません。

でもこの寒さ、息子には大敵なようで・・・

朝の息子は・・・やっぱり寝起きが悪い。ハァ〜
寒いし、眠いし、そちらの方がまさってしまうみたいで。
先週は「こんなにも声を掛けずに登校できる朝もあるなんて!」と思えたの日もあるのに。
まだまだの様ですしょんぼり
家を出る時間頃ようやくエンジンがかかってきたみたいな・・・
最近は夜に時間割も揃えて寝てるようなので、ちょっとは自覚してきたかなーと思っていても、
息子の場合、朝になってふたを開けてみないとわからない。
特に嫌いな教科があったりするとどうも行動が鈍るような感じです。
おまけにいつぞやかは、出掛けに「お尻が痛い・・・」とまで。
なんでまたお尻??・・・
おそらく今学校で縄跳びをしてるので筋肉痛じゃないかと思います。
登校時間が過ぎても結論のでない息子を結局車で送っていくはめに。
やってしまいましたね・・・
支援を受けてる先生に相談すると「くせになるといけないので」と警告です。

去年の今頃はこたつでぬくぬく過ごしていた息子。
ちょっとぐらい頭が痛かろうが、足が痛かろうが、他の子はみな歩いて登校します。
そんなあたりまえの事がまだ息子にはあたりまえじゃないみたいで・・・
それに私の甘さ、これも問題ですよね。
きるところはきらなくちゃいけないのに、まだきることのできない自分がいることに
大いに反省ですがっかり

線が細く、どうしても嫌なことから逃げる傾向があるので、それをどう受け止めて対応するか、まだまだ教わる事はたくさんあるようですウサコ
TOPへ
| 継続登校(小4) | comments(7) | trackbacks(0)
write夏恋 
始業式の次の日
3学期2日目の朝は初日のスムーズさは無く、どうした!?という感じでした。
グズっている様子をみると、ついつい目が体が息子の方に向いてしまいます。
そうすると息子も私を頼ってきてしまうんですよね・・・
これでは不登校前の時と変わらなくなってしまう。
なかなか動かない息子を声をかけながら様子をみてるのですが、
心の中は「あ〜、どうしよう」と焦りがアセアセ
家をでる時間になってしまったので、姉には先に行ってもらって、少しすると「トイレ」と言ってトイレに入り、トイレから出てからは行動するようになりました。
急いで集合場所まで行って無事登校しましたが。

まだまだですね・・・いつか安心して見てられる朝がくるかな〜?
それは私の頑張り次第ってところかな((((((^_^;)
締めるところは締めなくてはいけないのに、まだかなり甘いなーという部分が多いのも自分でわかるので、反省です泣き顔
TOPへ
| 継続登校(小4) | comments(0) | trackbacks(0)
/ 1/2PAGES / >>

Recommended
さよなら不登校―復学サポートブック
さよなら不登校―復学サポートブック (JUGEMレビュー »)
上野 剛
不登校支援グループ エンカレッジの代表の先生が書かれたご本です。
不登校13万人の親にできること!
不登校13万人の親にできること! (JUGEMレビュー »)
藤本 琢
不登校自立支援センター ファーストホームエデュケーションの代表の先生が書かれたご本です。
ころばぬ先の家庭教育―長期不登校になる前に学んでおきたい親の対応法 中学生編
ころばぬ先の家庭教育―長期不登校になる前に学んでおきたい親の対応法 中学生編 (JUGEMレビュー »)
水野 達朗
家庭教育支援グループ ペアレンツキャンプの代表の先生が書かれたご本。中学生編です。
ころばぬ先の家庭教育―きょうからできる家庭力アップ 小学生編
ころばぬ先の家庭教育―きょうからできる家庭力アップ 小学生編 (JUGEMレビュー »)
水野 達朗
家庭教育支援グループ ペアレンツキャンプの代表の先生が書かれたご本です。
自己紹介&つぶやき
時間だょ(・∀・)